スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タングステン酸ソーダを購入しました

船井幸雄さんの著書【船井幸雄がいままで口にできなかった真実】(以前の記事)に載っていた
タングステン酸ソーダが購入できました

このタングステン酸ソーダは、まだ実験用の試薬とのことで、
一般的には、入手困難と聞いていたのですが、ネットで検索していたら、
入手できそうなところがあったので、注文してみました。
「アットマーク」という新潟にある薬局です

まだ実験用試薬なので通常の注文リストには掲載されていないようですが、

下記サイトに注文方法が掲載されています
http://blog.livedoor.jp/kikukusuri/archives/53796642.html

私の場合は、25グラムを注文したのですが、即日発送していただけました。
(上記サイトには、1週間以上かかると記載されていましたが、運よく在庫があったようです)

ちなみに料金は、
・商品代(タングステン酸ソーダ 25グラム)5250円
・入会金500円
・年会費300円
・送料 630円(クロネコヤマト)
・代引手数料 315円
合計 6995円 となりました

会員制をとっているため、初回購入時に、入会金と年会費が必要です。

それから、当然ですが、送料もかかりますので、他に欲しい薬があれば、一緒に注文されると良いと思います。色々な薬が安く売っていますので。
また、ホームページに載ってない薬もあるようなので、必要なら、問い合わせされたらいかがでしょうか?
いずれにせよ、安心して注文できる薬局だと思います


また「薬局アットマーク開局ものがたり」という小冊子も同封されていまして、
これが、なかなかすばらしい感動物語で、
これを読んだら、アットマークさんのファンになってしまいました

アットマークパンフ

せっかくですので、第1話の書き出しの部分を、転記させていただきますので、ご参考にして下さい



 【第1話】

 なぜ私が医療用医薬品を処方箋なしで販売する薬局を開局したか、書かせていただきますね。

 私は以前、新潟県新発田市のある調剤薬局で薬剤師をしていました。
1日の患者数が200人位来る薬局です。

その中の患者さん達が
 「痛み止めの貼り薬が足りなくなるので何とか売ってくれませんか?」とか、
 「便秘の薬が足りなくなるのでもっと出して下さい」など言って来られるんです。

そして他の病院から処方せんをお持ちになった方からも、
 「病院で薬をもらうだけで半日かかった。そう簡単に仕事なんか休んでいられない」
などの声を何回もお聞きしたんです。

 しかし、保険診療では、出せる量に限度があってそれ以上は出せないんですよ。

と言って一般の薬局に同じ薬が売っていればいいんですが売ってないですよね。

では、「その薬局で処方せんなしに直接売ればいいじゃないか?」
と疑問に思われる方もいらっしやるかもしれません。

 でも私は所詮、門前の調剤薬局の雇われ薬剤師です。

医者が再診の場合、処方せんを印刷するだけでいくらかかるかご存知ですか?
2070円ですよ2070円!医療費抑制と言いながら…。

患者さんは3割負担の方ならその3割ですので、
620円を処方せんをもらうために払っているのですよ。

それを調剤薬局で直接売ってしまった場合、
そのお医者さんに患者さんが行かなくなるじゃありませんか?

門前の調剤薬局でそんなことは出来ませんよね。
だって、患者さんを取ってしまうことになるじゃないですか。

 みなさんは、調剤薬局で処方せんで薬をもらう場合その薬代の3割を払っていると
思われている方がほとんどだと思います。

 でも実際は、調剤基本料、調剤料、指導管理料、薬剤情報提供料(お薬手帳記入代)、
そして実際の薬代がすべて合計されてその3割負担を患者さんが払っているのですよ。
 (保険証がないとものすごく高くなりますよ。)

 普通の薬剤師だったらそれが「あたリ前」なんです。
でも、薬が足りなくて欲しい人、働いていてなかなか病院に行けない人、

そんな困っている人の受け皿をしてくれる薬局なんてないじゃないですか?
欲しくても「処方せんがないと…」と言われますよね。

 でも、法律上販売できる薬もあるんです。

 私は「このような人のために何とかできないか?」と考えたんです。
そして、本をたくさん買い込んで同じ成分の薬で
一般用医薬品と医療用医薬品の価格を比較してみたんです。

 そしたら、な、なんと!
医療用医薬品は国が価格を決めているのでとにかく安いんですよ!
そして、医療用医薬品は一般の薬局では販売していない効果の高い薬がたくさんある。

………

これ以降も、数多くの困難に立ち向かい、乗り越えられる、アットマークの荒居英郎さんの物語が描かれています。

そして、そのバックにある行動指針というか、人生観について語られている部分も、非常に参考になります。


また、最後の特別付録に【カゼをひいたら】
という文章が掲載されていますが、コレも必読です。

お医者さんが、自分がカゼをひいたら、どうするのか?
製薬会社の社長は、自分がカゼをひいたら、どんな薬を買ってくるのか?

興味津々の結果が載っています。そしてアットマークの荒居さんの結論も……


これからもガンバレ、アットマークさん! 荒居英郎さん!!



FC2 Management

船井幸雄がいままで口にできなかった真実

題名:船井幸雄がいままで口にできなかった真実
著者:船井幸雄

おススメ度 ★★★★★


船井さんのところには、本当にいろんな情報が集まるようで、この本にも色々な情報が記載されています。

私が気になった情報は、以下の項目になります

1.腕振り体操
2.船井流の、いわゆる自分の指導霊とつながる方法
3.万病に効果のあるさまざまな療法
4.上記さまざまな療法のなかで、特にタングステン酸ソーダについて
5.太田龍さんの~日本人が知らない「闇の権力者」の構造と正体を暴く~


なお、この本の後半は、上記 4.タングステン酸ソーダ と、5.太田龍さんの~日本人が知らない「闇の権力者」の構造と正体を暴く~について、かなりのページが割かれています


腕振り体操は、非常におススメのようなので、私も実践する事にしました。

ユーチューブに、この方法についてわかりやすい動画がされていましたので、ご参考にしてください。

腕振り体操動画




以下、ほとんど、この本からの抜粋内容となります



いわゆる自分の指導霊とつながる方法(船井流ですからいたって簡単です)

それは、われわれの本質である霊魂にたのめばよいだけのことなのです。
少なくとも、霊魂は、われわれを主導してくれると思える個々の指導神とは、充分つながれるはずです。
しかも肉体人間のわれわれは自分の霊魂=自分の本質ですから、この霊魂には正しいことなら
何をたのんでもいいはずです。
正しくない事なら聞いてくれないはずなので、本当は何をたのんでもいいのです。
だから、つぎのように頼めばよいのです。

「私の本質である私の霊魂よ、お願いいたします。
私の中にいる、サムシンググレートの分身でもあり、私を指導してくれるはずの
私の指導神にどうぞ、つながってください。
そして聞いてみてください。
私の知りたい事を、そして私の正しい生き方を」



万病に効果のあるさまざまな療法


1.GOP法……五井野正先生の開発された方法で、欧米では有名な療法のもようです。五井野先生は月刊誌『ザ・フナイ』の常迷執筆者で、多彩な能力をもった天才と言ってもいい人です。私の友人です。
  GOPは「五井野プロシジャー」の略で、私は今年1月からこの療法を実践しています。まともに話せなかったのが、服用の2、3日後には1時間く らいの講演が可能になりました。卓効があったようです。

2.タングステン酸ソーダ法 後の章では、この療法を中心に詳述します。
 湿布するのと、塗布と服用療法がありますが、いまのところ私はまだ調査中です。塗布や湿布に使用して卓効があるのは確認しましたが、もっとも肝心な服用までには至っておりません(船井注‥5月から服用を始めました)。


3.MMS法……‥ンム・ハンブルさんが開発した療法で、これには彼の著作もあり、日本ではかなり有名です。


4.量子医学……兵庫医大名誉教授の島博基先生の開発された療法で、私は2009年9月に三叉神経痛などを島先生の治療で治してもらいました。テ ラヘルツパワーなどが有用に働くようで、私はテラヘルツパワー・シールの活用をいまも実践しています。

5.富元酵素療法……神戸の別所美則さんに教えてもらいました。毎日、少量ですが実践して服用しています。これもよく効くようです。

6.光線の活用法……私の友人のエクボ㈱の清水美俗さんが開発した波長660ナノメートルの光線を当てる療法です。効果はあるようです。ただ初期投資金が多少かかります。私は毎日、睡眠前にこの光線に当たっています。

7.太古の水法……森美智代さんに教えてもらったものですが、不思議な人といってよい(有)フルーツティーの木内鶴彦さん開発の水を活用する方法です。この水も私は毎日我流で活用しています。

8.タマゴ・ダイエット法……京都在住の岡崎公彦医師の著作により、世の中に広まったがんや糖尿病によいといわれている方法です。ちなみに岡崎さん の著書『がんの特効薬は発見済みだ!』(2011年3月、たま出版刊)は、私のブログで多くの人が知ったようです。


9.その他……少し費用はかかりますが、卓効があると思えるのは、以下のようなものです。私はそれぞれを折々、愛用しております。
① 熊笹エキス法……㈱鳳凰堂の土田裕三さんに聞いてください。トリシン活用法です。
② 精気源法……㈱精気源臨床研究所の豊福政子さんに聞いてください。
③ カリカ法……㈱済度の今尾充子さんに聞いてください。
④ NS菌活用法……㈱本物研究所に聞いてください。
⑤ マイナス水素イオン法……㈱本物研究所に聞いてください。

 まだまだあると思いますが、このうち1~8までは、ほとんど費用が不要です。もう少し本格的に官民をあげて研究しますと、医療費はいまの10分の1以下になるように思います。
 このほか、いま話題の「一日一食法」(南雲吉則博士の『「空腹」が人を健康にする』〔2012年1月、サンマーク出版刊〕で有名になった方法)も面白そうです。


以上のなかで、私がもっとも興味をもっているのは2のタングステン酸ソーダ法で、それについてだけ本章では説明します。多くの療法中の一例だと思ってお読みください



『癌は私が治す』の著者、波多野賢輔氏も、タングステンの安全性につ次のように述べている。前述したがここで改めて紹介してみると―。

 「クロムやカドミウムと同様に、それが人体内に採り入れられれば、強い毒性を発揮するだろうと思われがちだが、タングステン酸ソーダは水溶液において、金輯イオンに解離しない。ナトリウムの陽イオンと酸素原子4個と結合したタングステン酸基の陰イオンに解離するにとどまり、決して金属を遊離しない。金属性の毒性を心配する必要は全くない」
(中略)


タングステン酸ソーダの飲み方と入手方法
水溶液、目薬の作り方
 一度沸騰させた水100ccに対し、タングステン酸ソーダを2~3グラムの割合で溶かす。清涼飲料水などの空きボトルを利用して作るとよい。
 水遠水を使うと、水道水中のカルシウムとタングステンが結合して、タングステン酸カルシウムができ水溶液中に白い結晶ができるが、胃に入れば分解するので心配はいらない。
 目薬として使う場合は、この結晶があると不都合なので、溶液を一昼夜放置してから、ろ紙でろ過して使うといい。ドリップ式コーヒー用に市販されているろ紙を使うと便利。

飲み方、点眼、外用の方法
 胃腸病などで内服するときは、よく容器をふってから一日一回、朝の空腹時に20cc(だいたいグイノミー杯)飲む。このとき、口に含んだらすぐ飲み込まず、1分ぐらい口の中でうがいをする要領で「ブクブク」とやってからゆっくりと飲み込む。胃が悪いときは、服用後、床に寝そべり、身体をゆっくり回転すると、胃壁にまんべんなく水溶液が行き渡る(後略)(著書『胃かいようが治るタングステン酸ソーダ』のコピーの転載ここまで)。


タングステンソーダの具体的な服用法と効果について。

1 .2012年3月末日時点で船井幸雄が理解したタングステン酸ソーダ療法 は、特定の病気については有効な万能(?)に近い効果をいろんな面で現出すると思われる。またその種の病気の予防にも卓効があると思える。

2.その治療法は服用(1日に1回空腹時に20ccぐらい)と、塗布、湿布である


3.効果のあるのは、次のような病気と思われる。
  ①がん、②潰瘍、③糖尿病、④リウマチ、⑤水虫、⑥白内障・老眼、⑦火傷、③認知症、⑨パーキンソン病、⑩口内病、⑨フケ、⑩二日酔い、⑩自律神経失調症、⑩肥満、⑩皮膚病、⑩手足のしびれやふらつき、⑥歩行障害、⑩胃腸病、⑩痔、その他(これは今後、まだ増えると思われる)


4.沸騰させた水Iリットルに対してタングステン酸ソーダ粉末を20~30グラム溶かすとよい。水は水道水でも充分で、常温で、どこでも保存ができる。
 これで2~3%水ができる。これがもっとも安全で効果的なようだ。

5.ともかく安価である。

6.動物に使ってもよさそうである。ただ身体の大きさに応じて量は加減すること。

7.これを、本格的に研究すると、医療費はびっくりするほど低減するだろう。

以上のとおりです。
 本章のはじめに紹介した1から8の療法についても、詳しく研究するとタングステン酸ソーダ法のように抜群の効果をあげるものがほかにもあるように思います。

医師や製薬会社はこのような手法が公開されますと、一見しますと一時的に困るかもしれませんが、彼らなりの活用法はいくらでもあると思います。
 ともかく病気にならない、病気を完治させないまでも、病状を軽くし、よくするというのは、人間にとって、こんなに大事なことはありません。とりあえず読者各自のご研究をぜひよ,ろしくお願いしたく思います。 ただ、くれぐれも慎重におやりください。



ユダヤから目を逸らしては世界の動きを語れないI太田 龍
~日本人が知らない「闇の権力者」の構造と正体を暴く~
は、日本人が知らない「人類支配者」の正体 という船井幸雄さんと大田龍さんの共著の抜粋のようです。

なかなか興味深い内容ですが、内容がかなり異なるので、別途、紹介します

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

「五大検診」は病人狩りビジネス

題名:「五大検診」は病人狩りビジネス
著者:船瀬俊介
出版社:ヒカルランド
発行年:2012年1月
定価:1,700円


ミッキーの独断評価


驚愕度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★

いや~あまりにもひどすぎる日本の医療業界の実態に、発する言葉も無い……

生き残るため、殺されないため、全ての日本人の必読書です


定期健診・人間ドック・がん検診・メタボ検診・脳ドックは、有害無益だったなんて、信じられないと思いますが、この本を読めば真実だとわかります。

欧米での研究で、健康診断を「受けた人」と「受けなかった人」の追跡調査を行った結果、多数の研究結果はどれも同じ
「定期健診に病気予防・寿命延長の効果はない!」
という事がはっきりした。

この結果を受けて、各国政府は公的「定期健診」を全廃。推奨も廃止した。
そのため、欧米には定期健診も人間ドックも存在しない
有害無益だからビジネスとして成立しない

「定期健診」をいまだ推進しているのは、日本だけ。

「検診が無効」なだけでなく「定期健診を受けているひとのほうが、短命」というのが国際的な大規模調査の結論だった。




定期健診・人間ドック・がん検診・メタボ検診・脳ドックは、巨大医療産業による、”病人狩り”の捕獲罠。


人間ドックで「異常なし」と判定された人は、たったの1割

これは、本当はその基準数値が狂っているのが原因。人間が異常ではなくて検査基準が異常という事。


高血圧の定義は、戦後長く、最高血圧が180以上とされていたのが、2000年に突然、170以上とされ、2004年に140に、2008年には130までに引き下げられた。わずか8年で50も下がった。これで医師たちは130以上の患者には、堂々とカルテに「高血圧症」と書き、処方箋に「降圧剤」と明記できるようになった。

しかし、降圧剤治療はきわめて危険. 血圧が高めの人(180以上)に行うと、「受けない人」に比べて5倍も死亡率が高まる


メタボ健診は、コレステロール値の診断基準を220と定めているが、現場の医師からも「これはあまりに低すぎ。」と批判が噴出している。

コレステロールは生体に必要な脂質。240から260が最も健康で長生きしている。
逆にコレステロールを下げるほど死亡率が急増する事になる


世界で最も売れている薬は、世界最大の製薬メーカー「ファイザー社」の高脂血症薬「リピトール」で、その売上は、日本円にして、年間 1兆5千億円
日本では、第一三共の「メバチロン」で約2千億円

これだけ巨額のカネが製薬メーカーの懐に転がり込むのだから、コレステロール悪玉論の「嘘とプロパガンダ」に彼らが邁進するのも当然だ

コレステロール低下剤で恐ろしい重大副作用が「横紋筋融解症」これは、筋肉がドロドロに溶けていく!

コレステロール低下剤で強引にコレステロール値を下げると、人体は必要な脂質を得るため、自らの筋肉を溶かし血中に供給しようとするのだ

よって、筋肉痛・脱力感・関節痛などに襲われる。その他脳出血・貧血・白血球減少(免疫力低下)・内臓出血……など副作用もあげていたらキリがない。


人間ドック→”異常値”→病院送り→精密検査→診断確定→投薬治療(外科手術・放射線治療など)→重大副作用→死亡(短命) なんという戦慄のシステム!

9割の受診者たちを病院に引きずり込み、精密検査、投薬、手術などのモルモットに仕立て上げれば莫大な収入が医療利権の懐に転がり込む。




政府が健診キャンペーンで国民に熱心に推奨するのは、厚労省官僚たちがこれら医療利権に天下るから

政治家が熱心なのも政治献金という名の「ワイロ」が入るから

医学界が熱心なのも巨額の”研究費”が入るから

マスコミが熱心なのも、これらスポンサーから巨額の”広告費”が見込めるから

これが、業界・官界・政界・マスコミ(情報)・学界の利権ネットワーク


そして、これは、そう、あの”原子力ムラ”と同じ支配構造
……



その他、CTスキャンやPETの危険性

肺ガン・胃ガン・大腸ガン・乳ガン・子宮ガン・前立腺ガン……国の推奨するガン検査には、有効性を示す根拠がまったく存在しない。

などなど、

戦慄の事実が書かれていますので、是非、ご一読をおススメします






テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

がんの特効薬は発見済みだ!

題名:がんの特効薬は発見済みだ!
著者:岡崎 公彦
出版社:たま出版
発行年:2011年3月
定価:1,050円

ミッキーの独断評価

驚愕度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★


非常に薄い本で、すぐ読めてしまいますが、内容は本当にビックリです。

「がんの特効薬」というのは、実際に存在しているんですね

もし自分が「がん」になったら、絶対に、この治療を受けたい。と思いました。

そして、医療業界の深い闇の存在にも……考えさせられます



著者は、京都大学医学部を卒業され、京都大学・ピッツバーグ大学医学部

・愛知医科大学で、生化学的研究に従事された「岡崎 公彦(おかざき きみひこ)」

さんというお医者さんで、現在は、京都で内科開業されておられる。との事です。



この治療法というのは、怪しげな方法ではなく、正式な学術論文が存在し、

そのメカニズムから治療法まで確立されているようです




以下に、内容の一部を、簡単にまとめてみましたので、ご参考にしてください。


がんの特効薬の発見者は、東風睦之(こち むつゆき)博士という人で、

東風博士は、1985年5月米国国立スローンケタリングがん研究所の機関紙に、

制がん剤に関する論文を発表されましました。それは、

イチジク抽出液からハツカネズミの腹水がんの移植阻害に有効な成分を分離し、

これをベンズアルデヒドと同定しました。

そして、これを化合させて水溶性とし、末期がん患者65名を対象としてがん治療効果を調べた結果、

55パーセントという高い有効率で、副作用も皆無でした。

という内容です。

がん治療学上の大発見が、国際的に権威ある学術誌に掲載されたのですから、

数多くの追治験が実施され、報告されるのが当然ですが、なぜか、そのような論文はありません。


ガンの特効薬が発見されたら、制がん剤などで潤っている医薬品メーカーは

儲けられなくなるし、医学会も世界中の「がんセンター・研究所」の研究目標が

消滅してしまうので、そんなに簡単に「がん特効薬」が発見され普及されては困る。

というのが理由のようです



がんの特効薬の話と、このような有効な治療法が普及しない理由(医療業界の病巣?)、

また、この治療法の理論・実際の方法、治療の事例などについても記載されていますので、

興味のある人は、是非、一度、読んでみて下さい。

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

micky358

Author:micky358
何事にも好奇心旺盛な♂です。
船井幸雄さんのファンで、そこで紹介されていた本をよく読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。