スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替占領

題名:為替占領
著者:岩本沙弓
出版社:ヒカルランド
発行年:2011年7月
定価:1600円

ミッキーの独断評価

驚愕度   ★★☆☆☆
おススメ度 ★★★☆☆

著者は、銀行の為替ディーラーだった人で、日銀の為替介入の時に、
実際のディーラー業務をされた事があるそうです。

金融関係に詳しくないと、読みづらいかもしれませんが、
自分の考えを、事実に基づいて論理的に説明されており
なるほど……と思うところも多々ありました。

最近は、もう少し素人向けの本もあるように思うので、
少し辛めの評価となってしまいまいたが、良い本だと思います。

前書きには

何もかも遅きに失す政権が、為替介入の手際だけがやけに良いというのは
どうも合点がいかない。

そこまで考えているのであれば、株式市場も1週間ほどクローズすればよかったではないか。
911同時多発テロの再には米国市場とて、狼狽売りを避けるために1週間は開けなかったのだ。
……
3月14日から18日の外国人投資家の売買が、8915.4億円と前週と比べて、10倍超の過去最高
に迫る大幅な買い越しであった。
……
蓋を開けてみれば、日本人があわてふためき株式を叩き売る中で、結局は安値で買う機会を海外勢に
提供しただけとなった

とか、

現在の円高は、実は実体経済にはほとんど悪影響を及ぼさない。
円高=悪というプロパガンダによってもたらされる実質的なマイナスは

変動相場=アメリカの借金棒引きの方法
日本の何兆円もためこんだドル資産を、目減りさせる事


メディア報道(2010年8月)では
「国の借金は904兆円、国民一人当たりの借金はとうとう700万円を突破」
となっているが、客観的な状況を誤らせるような表現。

・国の借金ではなく、政府の借金(政府が国民から借金をしている)
 国民からみると、一人当たり700万円、政府に貸し出しをしている(資産を持っている)

・借金もあれば資産もあるはず。資産もはっきりさせず、借金だけ言うのはおかしい
 2010年9月の政府発表資料(資産循環統計)では 
 負債1041.5兆円、資産468.8兆円、(金融資産のみ)

2002年の日本国債の格下げ(米国格付け会社による)の時に、
黒田財務官は、格付け会社に以下のような書簡を送り、格下げに対する説明を求めている

1.日・米など先進国の自国通貨建国債のデフォルトは考えられない。
 デフォルトとして、いかなる事態を想定しているのか

2.格付けは、財政状態のみならず、広い経済全体の文脈、特に経済のファインダメンタルズを
考慮し、総合的に判断されるべきである。たとえば、以下の要素をどのように評価しているのか

・マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国
・その結果、国債はほとんど自国で極めて低金利で安定的に消化されている
・日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高

3.各国間の格付けの整合性に疑問。次のような例はどのように説明されるのか

・一人当たりのGDPが日本の3分の1でかつ大きな経常赤字国でも、日本より格付けが高い国がある
・1978年のポンド危機とIMF借り入れの、わずか2年後(1978年)に発行された英国の外債や双子の赤字
の持続性が疑問視された1980年代半ばの米国債はAAA格を維持した
・日本国債がシングルAに格下げされれば、日本より経済のファンダメンタルズがはるかに格差のある
新興市場国と同格付けとなる

極めて正論で、これが財務省の認識。


日本政府(財務省?)が、税収を上げるために、マスコミを利用して
国民を巧妙に誘導しているのが、良くわかりました。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

「五大検診」は病人狩りビジネス

題名:「五大検診」は病人狩りビジネス
著者:船瀬俊介
出版社:ヒカルランド
発行年:2012年1月
定価:1,700円


ミッキーの独断評価


驚愕度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★

いや~あまりにもひどすぎる日本の医療業界の実態に、発する言葉も無い……

生き残るため、殺されないため、全ての日本人の必読書です


定期健診・人間ドック・がん検診・メタボ検診・脳ドックは、有害無益だったなんて、信じられないと思いますが、この本を読めば真実だとわかります。

欧米での研究で、健康診断を「受けた人」と「受けなかった人」の追跡調査を行った結果、多数の研究結果はどれも同じ
「定期健診に病気予防・寿命延長の効果はない!」
という事がはっきりした。

この結果を受けて、各国政府は公的「定期健診」を全廃。推奨も廃止した。
そのため、欧米には定期健診も人間ドックも存在しない
有害無益だからビジネスとして成立しない

「定期健診」をいまだ推進しているのは、日本だけ。

「検診が無効」なだけでなく「定期健診を受けているひとのほうが、短命」というのが国際的な大規模調査の結論だった。




定期健診・人間ドック・がん検診・メタボ検診・脳ドックは、巨大医療産業による、”病人狩り”の捕獲罠。


人間ドックで「異常なし」と判定された人は、たったの1割

これは、本当はその基準数値が狂っているのが原因。人間が異常ではなくて検査基準が異常という事。


高血圧の定義は、戦後長く、最高血圧が180以上とされていたのが、2000年に突然、170以上とされ、2004年に140に、2008年には130までに引き下げられた。わずか8年で50も下がった。これで医師たちは130以上の患者には、堂々とカルテに「高血圧症」と書き、処方箋に「降圧剤」と明記できるようになった。

しかし、降圧剤治療はきわめて危険. 血圧が高めの人(180以上)に行うと、「受けない人」に比べて5倍も死亡率が高まる


メタボ健診は、コレステロール値の診断基準を220と定めているが、現場の医師からも「これはあまりに低すぎ。」と批判が噴出している。

コレステロールは生体に必要な脂質。240から260が最も健康で長生きしている。
逆にコレステロールを下げるほど死亡率が急増する事になる


世界で最も売れている薬は、世界最大の製薬メーカー「ファイザー社」の高脂血症薬「リピトール」で、その売上は、日本円にして、年間 1兆5千億円
日本では、第一三共の「メバチロン」で約2千億円

これだけ巨額のカネが製薬メーカーの懐に転がり込むのだから、コレステロール悪玉論の「嘘とプロパガンダ」に彼らが邁進するのも当然だ

コレステロール低下剤で恐ろしい重大副作用が「横紋筋融解症」これは、筋肉がドロドロに溶けていく!

コレステロール低下剤で強引にコレステロール値を下げると、人体は必要な脂質を得るため、自らの筋肉を溶かし血中に供給しようとするのだ

よって、筋肉痛・脱力感・関節痛などに襲われる。その他脳出血・貧血・白血球減少(免疫力低下)・内臓出血……など副作用もあげていたらキリがない。


人間ドック→”異常値”→病院送り→精密検査→診断確定→投薬治療(外科手術・放射線治療など)→重大副作用→死亡(短命) なんという戦慄のシステム!

9割の受診者たちを病院に引きずり込み、精密検査、投薬、手術などのモルモットに仕立て上げれば莫大な収入が医療利権の懐に転がり込む。




政府が健診キャンペーンで国民に熱心に推奨するのは、厚労省官僚たちがこれら医療利権に天下るから

政治家が熱心なのも政治献金という名の「ワイロ」が入るから

医学界が熱心なのも巨額の”研究費”が入るから

マスコミが熱心なのも、これらスポンサーから巨額の”広告費”が見込めるから

これが、業界・官界・政界・マスコミ(情報)・学界の利権ネットワーク


そして、これは、そう、あの”原子力ムラ”と同じ支配構造
……



その他、CTスキャンやPETの危険性

肺ガン・胃ガン・大腸ガン・乳ガン・子宮ガン・前立腺ガン……国の推奨するガン検査には、有効性を示す根拠がまったく存在しない。

などなど、

戦慄の事実が書かれていますので、是非、ご一読をおススメします






テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

永遠の0 (ゼロ)

題名:永遠の0 (ゼロ)
著者:百田 尚樹
出版社:太田出版
発行年:2006年8月
定価:1,680円


ミッキーの独断評価


感動度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★


題名の 0(ゼロ)というのは、ゼロ戦の事です。

この本は、主人公が、ゼロ戦の搭乗員として特攻で死んだ実の祖父・宮部久蔵についての話を、元戦友たちに色々取材して、祖父・宮部久蔵の「生きざま」を知っていく。という感動の物語です。

本の最後のページに「フィクションです」と記載されていますが、戦争・特攻についての真実を明らかにしていると思います。

物語としても最後のどんでん返しがあり……読んでいて、涙が出てきました。

生きるだけで精一杯のこの時代に比べたら、今の自分はどんなに恵まれているんだろう。と思いますし、
祖父の時代の人々に感謝の念が湧いてきて、勇気をもらえる本だと思います。

是非、読んでみてください。本当におススメです。


テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる!

題名:「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる!
著者:大下英治
出版社:ヒカルランド
発行年:2011年11月
定価:1,680円


ミッキーの独断評価

驚愕度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★


私は、福島の原発事故から、核廃棄物の処理もできないような、危険な原子力発電はダメだ。

と思っていたのですが、こんなすばらしい技術があったなんて驚きです。


このような、基本的に安全な原子力発電の技術があったのなら、

この本に記述の「大型原子炉を、がむしゃらに推進するのではなく、安易に脱原発を唱えるのでもなく、利権や金儲けに走らず、今度こそ「安全性を追求した原発づくり」を実現すべきではないか?」という意見に、大賛成です。


この原子炉というのは、日本の原子力の草分け的存在で、世界のスタンダード「原発の安全基準」を作ったという

服部禎男(はっとり さだお)さんが開発した「超小型原子炉」で、

名前は、「4S炉」スーパー・セーフ、スモール・アンド・シンプル
というそうです。


その特徴は

・もし何らかの事故が発生して原子炉の温度が上昇していっても、自然と核反応が収束方向へ向かう
 基本的に安全な原子炉である

制御棒が不要

金属燃料は40年間連続使用可能(一般の原子炉はセラミック燃料で、交換頻度が多い。)

原子炉系統に50個の部品やコンポーネントしか付いていない
(一般の原子炉は、配管のお化け)

動く装置がほとんど無い。運転員も要らない。燃料の交換もいらない

水を使わないため、海や川の傍らに置く必要がない

燃料は純度が低いため、核兵器に転用できない

など、夢のような超技術です。


そして、なんと、服部さんと電力中央研究所と東芝での国際特許取得済みで、

IAEAからも発展途上国からも、服部さんのこの小型原子炉を導入したいという要望がでているのに

政府の圧力(原子力の利権や、政府の体面?)のため、特許を取った日本側がまったく実用化する気がないそうです。

そして、

エネルギーのための原子力ではなく、日本の行政当局や政治家にとって原子力は、「大金を動かす口実になるのが原子力」という認識になってしまった

日本政府は、原子力という名の元に、大金を動かすことにしか興味が無い。政治や行政にとって、原子力はエネルギーのためではない。あくまで金のため。


という話に、愕然となってしまいました。

一読をおススメします

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

がんの特効薬は発見済みだ!

題名:がんの特効薬は発見済みだ!
著者:岡崎 公彦
出版社:たま出版
発行年:2011年3月
定価:1,050円

ミッキーの独断評価

驚愕度   ★★★★★
おススメ度 ★★★★★


非常に薄い本で、すぐ読めてしまいますが、内容は本当にビックリです。

「がんの特効薬」というのは、実際に存在しているんですね

もし自分が「がん」になったら、絶対に、この治療を受けたい。と思いました。

そして、医療業界の深い闇の存在にも……考えさせられます



著者は、京都大学医学部を卒業され、京都大学・ピッツバーグ大学医学部

・愛知医科大学で、生化学的研究に従事された「岡崎 公彦(おかざき きみひこ)」

さんというお医者さんで、現在は、京都で内科開業されておられる。との事です。



この治療法というのは、怪しげな方法ではなく、正式な学術論文が存在し、

そのメカニズムから治療法まで確立されているようです




以下に、内容の一部を、簡単にまとめてみましたので、ご参考にしてください。


がんの特効薬の発見者は、東風睦之(こち むつゆき)博士という人で、

東風博士は、1985年5月米国国立スローンケタリングがん研究所の機関紙に、

制がん剤に関する論文を発表されましました。それは、

イチジク抽出液からハツカネズミの腹水がんの移植阻害に有効な成分を分離し、

これをベンズアルデヒドと同定しました。

そして、これを化合させて水溶性とし、末期がん患者65名を対象としてがん治療効果を調べた結果、

55パーセントという高い有効率で、副作用も皆無でした。

という内容です。

がん治療学上の大発見が、国際的に権威ある学術誌に掲載されたのですから、

数多くの追治験が実施され、報告されるのが当然ですが、なぜか、そのような論文はありません。


ガンの特効薬が発見されたら、制がん剤などで潤っている医薬品メーカーは

儲けられなくなるし、医学会も世界中の「がんセンター・研究所」の研究目標が

消滅してしまうので、そんなに簡単に「がん特効薬」が発見され普及されては困る。

というのが理由のようです



がんの特効薬の話と、このような有効な治療法が普及しない理由(医療業界の病巣?)、

また、この治療法の理論・実際の方法、治療の事例などについても記載されていますので、

興味のある人は、是非、一度、読んでみて下さい。

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

micky358

Author:micky358
何事にも好奇心旺盛な♂です。
船井幸雄さんのファンで、そこで紹介されていた本をよく読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。