スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎木外務次官の発言 安倍総理の人事


『我が国の戦後の平和国家のあり方を否定し、名誉を傷つける悪意に満ちた発言は、受け入れ難い。中国は、自国に同調する国はどこにもないことを認識すべきだ』

2012年11月、アジア欧州会議の首脳会議で斎木昭隆氏は、中国の楊潔チ(ヨウケツチ)外相に対し、上記発言をされたそうです。(外務審議官として、当時の野田総理と会議に参加し、野田総理が退席された後にこの発言があった。そして楊潔チさんが、ほとんど反論できなかったという話。)

すばらしい発言です!!!こんな発言ができる人が、外務省にいたなんて・・・そしてそんなすごい人が外務省の事務次官! 日本も、ようやくまともな外交ができそうで、期待しています。

北朝鮮の拉致被害者の救出に貢献した事の他に、このような発言も、安倍総理が、斎木さんを外務次官に抜擢された原因のようです。

韓国がアメリカに、いわゆる従軍慰安婦の像を設置しており本当に忌々しい話ですが、ようやく日本の駐米大使館からも遺憾の念を表示されるようになったのも、このトップ人事が影響しているのではないでしょうか。


海上保安庁の長官に、初めて現場出身の佐藤雄二氏(海上保安大学校卒)を任命されたり・・・


安倍総理の外交、人事の素晴らしい成果だと思います。

安倍総理、ガンバレ!! 応援しています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micky358

Author:micky358
何事にも好奇心旺盛な♂です。
船井幸雄さんのファンで、そこで紹介されていた本をよく読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。