スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大王製紙井川前会長告白「106億円を失ったカジノ地獄」


ウーン、すごい、すごすぎる。大王製紙井川前会長のギャンブル。井川前会長は東大卒だそうですから、すごい賢い人なんでしょう・・・しかし、ギャンブル依存症、病気なんですね・・・恐ろしや・・・

以下、デジタル大衆記事からの引用

-----------------------------------

カジノに注ぎ込んだ総額106億8000万円。
2011年9月、世間の耳目を集めた"大王製紙創業家3代目の巨額カジノ騒動"。
井川意高(いかわもとたか)前会長が問われた直接的な罪は、自らが率いていた大王製紙の連結子会社7社から55億3000万円を不正に借り入れ、損害を与えたとされる会社法違反(特別背任)。
最終的に、懲役4年の実刑判決が確定している。

名門企業の長男に生まれ、東大に現役合格。
卒業後に大王製紙入りし、42歳にして社長に就任……。
すべてを手にしていたはずの男は、なぜ"カネの沼"にハマり込んでしまったのか。
すでに"塀の中の人"となった井川氏だが、このたび一連の騒動を記した自著と『熔ける~大王製紙前会長井川意高の懺悔録』(双葉社刊/11月15日発売)を上梓。
本誌は9月下旬、収監直前の井川氏に接触。
今週から2週にわたり、騒動の裏側をすべて語ってもらう。
※※
「2011年5月、私はシンガポールのカジノリゾートホテル『マリーナ・ベイ・サンズ』で大勝負をしていました。バカラで勝利を重ね、目の前に積み上げられていたチップは、サラリーマンの平均生涯賃金のおよそ10人分に該当する20億円分。そのまま勝ち逃げすることも当然、可能でした。しかし、この時点で私は50億円を超える"借金"を抱えていました。大王製紙社長の職にあった10年5月以降、連結子会社から巨額の資金を借り入れる"裏技"を常態化させていた私は、マカオのカジノ『ギャラクシー』や『ウィン・マカオ』に毎週末通う中で、その大半を失っていました。借りる、負ける、また借りる……そんなことを繰り返すうちに、最後には一気に負けを取り返そうと、マックスベットが50万シンガポールドル(現在のレートで約3 950万円)と大きいシンガポールのカジノに通うようになりました。これまでにも7億、15億円といった大勝ちは体験済みでした。『マリーナ・ベイ・サンズ』では、目の前にある20億円を倍に、いや、もっと増やして、借金をチャラにしたい一心でした」

丸2日を費やした『マリーナ・ベイ・サンズ』の大勝負は、井川氏の負けに終わる。
20億円分のチップは、シンガポールの夜の闇に吸い込まれていった。

「最初のカジノ体験は、90年代半ばに行ったオーストラリアでのことです。初カジノを前に、私は帯封がついたままの100万円を軍資金に、ブラックジャックとバカラを楽しみました。この2泊3日のカジノ体験で、私の100万円は2000万円に化けたのです。

いま思えばかわいいものですが、2000万円もの大金を手にしたことは、興奮と驚き以外の何ものでもありませんでした。ただ、本格的にカジノ、つまりバカラに深入りしたのは08年以降です。もともと知り合いだった友人がジャンケットの資格を取ったことをキッカケに、マカオのVIPルームでバカラに興じるようになったのです。ジャンケットとは、マカオ独自のシステムで、滞在中、客のマネジャー兼コンシェルジュとして振る舞いながら、カネ貸しの便宜も図ってくれます。もちろん、すべて私の責任なのですが、ここからカジノの深みにハマり込みました。私が手持ちの軍資金が尽きたとき、ジャンケットはカジノや自身が所属する運営会社からの借金を仲介してくれます。運営会社からカネを借りるときは、ジャンケットが持っているカーボンコピー式の小切手帳のような書類にサインするだけでした。身分証の提出などは不要で、それだけで時には1億円といったカネを利子ゼロで貸してくれます。ただ、無制限にカネを引き出せるわけではありません。要は"コイツは、この金額までなら返せるだろう"というラインの見極めがあったようです。あるとき、マカオで負けが込んだ私は、このジャンケットが所属する運営会社に一度で4億円を超える借金をしてしまったんです。でも、そのおかげで奇跡が起きました。連勝に連勝を重ね、一時はなんと4億円のプラスにまで持っていったのです。しかし、帰途に就くときには、そのカネをすべて失っていました」

カジノに没入していた当時の井川氏は、我々には想像もつかない方法で、軍資金を調達したこともあったという。

「いま思い返すと馬鹿を通り越して呆れるだけなんですが、自分のブラックカードを使って多額のカネをつくったこともあります。あるとき、マカオに2泊3日で勝負に出かけたはいいが、到着初日に種銭をすべてスッてしまった。残り2日を何もしないのも馬鹿らしい……そこでジャンケットと一計を案じました。マカオの『ウィン・ホテル』にロレックスの専門店が入っているのですが、翌朝10時の開店と同時に、ここで高級時計を10個ほどまとめて購入しました。中国人の金持ちに人気だという、無数のダイヤがキラキラ光る悪趣味な代物でした。1つ、およそ300万円で、しめて3000万円。これを教えてもらった質屋に持っていきました。買い取り価格が思ったよりも安く、結局、1350万円にしかなりませんでした。…


でも、この種銭で勝負したところ、ギャンブルの神様が私に微笑みました。ロレックスの購入資金3000万円を取り戻すどころか、大幅なプラスに持っていくことができたんです。私は質屋に預けたロレックスは質流れにするつもりでしたが、友人のジャンケットがもったいないと言うので、再び10個の腕時計を回収しました。大勝ちした余韻もあり、そのうち2つを、彼ともう一人の中国人ジャンケットにご祝儀代わりにプレゼントし、残りを今後の勝負の"資金源"として日本に持ち帰ったことを覚えています」

だが、欲望の炎は、最後に井川氏自身の身、そのものを熔かしてしまう。

11年9月7日、当時、会長の職にあった井川氏を告発する社内メールに端を発し、巨額借り入れが公となる。
そのわずか9日後、井川氏は大王製紙会長を辞任。
自転車操業のような資金繰りを続ける中で、理性が働くことはなかったのだろうか。

「会長辞任時点で、47億5000万円分の借金については、自分の現金や株式による代物弁済で返済していました。同じようにして、のちに残りの借り入れ金すべてを返しましたが、辞任当時、60億円余りはまだ未返済の状態でした。"返そうと思えば、いつでも返せる"という甘い気持ちのまま、ズルズルと借り入れを続けてしまった。私は経営者としての本分を忘れてしまっていたのです。なぜ、と問われれば、ただギャンブルが好きだったから、としか答えられない。私は、パチンコにハマって破滅する主婦の気持ちがよくわかります。私とは金額が違う、とおっしゃる方もいるかもしれませんが、根本は同じです。可処分所得をはるかに上回るカネをパチンコに注ぎ込み、なかにはサラ金や闇金にまでカネを借りるようになると聞きます。支払いの限界を超えても、"なんとかギャンブルで勝ちたい"という気持ちが賭場へと足を向かわせてしまう……。カジノのテーブルに着いた瞬間、私の脳内には快感物質が溢れます。丸1日半、何も食べなくても空腹を覚えません。結局、ギャンブルがもたらす高揚感や刺激に、どっぷり浸かっていたのです。実は逮捕前、医師のもとを訪ねたところ、ギャンブル依存症と診断を下されました。自分で自分をコントロールできなかったのですから、やはり私は病気だったのでしょう」



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micky358

Author:micky358
何事にも好奇心旺盛な♂です。
船井幸雄さんのファンで、そこで紹介されていた本をよく読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。