スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都知事選での田母神陣営の反省点を考える

東京都知事選で、残念ながら田母神さんは落選されました。
田母神さんは、当選はせずとも、細川さんや宇都宮さんより得票が上になるのではないか?と期待していましたが、やはり、まだまだ情報弱者が多い。というか、真の保守層は薄い・・・というのが実感ですね。

落選はしましたが、組織票も無いのに60万票(12.5%)も取ったという事で、ある程度、前向きにとらえる意見もありますが、KAZUYA CHANNEL(カズヤチャンネル)を見ましたら、なるほど・・・という厳しい意見を開陳されていました。

チョッと辛口の意見だとは思いますが、鋭い意見ですので、是非ご覧下さい。なるほど・・・考えされられます。ビジネスも同じですね。



以下、ポイントを書いておきます。


根本的な大問題は、「戦略の不在」

組織票が期待できないなら、組織票を当てにできる陣営以上に頭を使って戦う必要があった。

実例:街頭演説でも、どの層に訴えたいのか良くわからなかった。というか、有権者を遠ざけるとしか思えなかった。

たとえば応援弁士が強い口調で「戦後レジームが・・」とかガナりたてる。これは保守的といわれる人には受けるかもしれないが、そのような層は、まだ、まだ、まだ、まだ、まだ・・・少数派だ。

そして応援演説を聞きながら、支持者達が「そうだ!」とか大声を上げたり、傍から見ている人は「何か危ない人ではないか?」と思われ、怖くて近寄り難い感じがした。最後は田母神コールで、内輪だけで盛り上がっていて、本来アピールすべき人の層にアピールできてなかったのではないか?

「失敗の本質」という本、そのまま再現したような・・・

いかなる軍事上の作戦においても、
そこには明確な戦略ないし作戦目的が
存在しなければなならない。
目的のあいまいか作戦は必ず失敗する。

勝利の軍は「開戦前に」勝利を得てから戦争をしようとするが、
敗軍はまず戦争を始めてからあとで勝利を求めるものである
(孫子より)

マスコミが公平に報道しなかったから・・・とか、東京都民がバカだから・・・とかいう批判を言ってもしょうがない。そんな事は、初めからわかっていたでしょ?都民も色々な人がいるっていうのもわかっていたでしょ?それを前提に、たてるのが戦略。

マスコミや都民のせいにして、自分の組織の反省をしないのはダメでしょ。

選挙が終わってから、「負けたけれども、新たな一歩を踏み出した・・・」というような発言があったが、いったい今まで何度「新たな一歩」を踏み出してきたのか?新たな一歩を踏み出す前に、一度立ち止まって、今回の反省をすべきなのではないか?

どうやったら、もっと支持を集められるか?広げられるか?なぜ有権者に届かなかったのか?そういった検証を自らやっていかない限り、永遠に勝利はない。

「孫子」と「失敗の本質」を読めば、言いたかった事を理解してもらえると思う・・・


--------------------------------------------------

チャンネル桜に、反省会?の動画がアップされていましたが、選挙はインフォメーションではなく、インプレッションである。など、など、なかなか良い反省会をされていたように思いました。(三橋さんが良い意見を言っておられる感じがしますね。)
どんどん、ノウハウが集積されて今後が期待できそうです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

micky358

Author:micky358
何事にも好奇心旺盛な♂です。
船井幸雄さんのファンで、そこで紹介されていた本をよく読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。